長年の腰痛の原因はかかとの歪み?

こんにちは、神戸市・明石市の整体、整体院かぐら松尾です。

今日は、長年の腰痛の原因はかかとの歪み?についてお話していきます。

今、腰痛に悩んでいる、反り腰を何とかしたい、産後骨盤を整えた方が良いのか?などのお悩みがある方は

3分程度で読めるので、ぜひご覧下さいね。

 

腰痛に関して詳しくはこちらをクリックしてくださいね。

本日の内容

  • 長年の腰痛の原因はかかとの歪み?
  • 靴の減り方と腰痛
  • 自宅での対策
  • まとめ

になります。

では、本題です。

長年の腰痛の原因はかかとの歪み?

人間の構造は足の先は骨の数が多く中心にいくに連れて骨の数が減っていきます。

この理由とすれば、地面を踏む際の衝撃を吸収したり、体が動く際に連動しやすい様にその様な構造になっているとも言われています。

また、人は生まれてから死ぬまで二足歩行をするので、足の歪みがあるとその後の膝・股関節・骨盤などにも影響が出やすくなります。

 

ちょうど、慣れない靴を履いていると、足の痛みの他に、股関節や腰、肩こりが出てくる様なものです。

なので、すごく良い靴を履いてきても、足が歪んでいる事でその効果が半減したり、また悪影響が出る可能性も考えられます。

 

靴の減り方と腰痛

日本人はO脚が多いとも言われ、

  1. O脚傾向の方は靴のかかとの外側がすり減る傾向にあります。
  2. X脚ではかかとの内側が減る傾向にあります。

また、外見上あまり足の捻れなどが見られない方でも正しく重心が取れている方は稀かも知れません。

 

かかとが歪む理由としては、かかとだけでなく、足の指が動いていない、昔の捻挫癖が残っているなどもある為、かかとを整える為にはまずは足先を動かす事を意識してみましょう

では自宅ではどの様な事に気をつければ良いのでしょうか?

自宅でのかかとの歪み解消対策

  • 靴下を5本指や足袋に変えてみる
  • 長年使用している靴を履き替えてみる
  • 足先のマッサージ

などが良いかも知れません。

1.足の指は5本あり、指先が動きづらい靴下はそのまま足の歪みを生み出す可能性があるので特に腰痛にお困りの方は靴下を変えるのも1つポイントです。

 

2.長年使用している靴などは以前の癖が残っている為、整体や整骨院でお体を調節して頂いても同じ靴を履く事でまた前の姿勢に戻りやすくなるので注意です。

3.足先を使えていない方はまずは足のマッサージをする事で、脳に足先を再認識させる作業から始めましょう、1日1分程度左右全ての指を揉んでみましょう。

まとめ

いかがだったでしょうか?

腰とかかとで今回は話をさせて頂きましたが、腰痛の原因は十人十色でもあります。

足のマッサージや靴下を変えても一向に腰の痛みが解消されないなどのお悩みがあればいつでもご連絡下さいね。

 

 

長年の腰痛について詳しくはこちら

長年の腰痛

この記事に関する関連記事