過敏性腸症候群

  • 下痢と便秘が繰り返し起こる
  • 整腸剤を飲んでも変化がない
  • 大腸カメラでも異常が見当たらない
  • 仕事でのイライラが多く不規則な食事をしている
  • 過敏性腸を根本的に治したいがどこに行けば良いか分からない
  • お薬・漢方などは飲みたくない

そもそも過敏性腸症候群とはどういう症状なのか?

病院などで腸の検査や血液検査で明らかな異常が認められないにもかかわらず、腹痛や腹部の不快感を伴って、便秘や下痢が長く続く病気です。

この症状に悩まれる方は実は多く、世界でも日本などの先進国に多いとされています。

日本では約10~15%とされており、病院の消化器内科などのをを受診する人の約3分の1を占めるほど、頻度とも言われています。

 

年齢の多くは20~40の方に多く、男女比は1対1.6で、やや女性に多くみられる傾向にあります。

 

そして過敏性のタイプは大まかに3種類

  •  便秘型
  • 下痢型
  • 交代型

の3つに分類され、特に男性では下痢型が多く、女性では便秘型が多いのが特徴となります。

病院などでの治療としては薬物治療や、精神科の心理療法などによる施術を受けることが最も望ましいとされていますが、やはり飲み続ける事に不安を覚える方も多いです。

 

できれば、お薬を減らしていける事が望ましいです。

お薬などはお医者様の指示があるので自分の判断で投薬を中止したり服用の回数を減らすなどはいけません。

お薬に関してはしっかりお医者様と相談は必要となります。

 

過敏性腸症候群の原因とは?

便秘型

便秘型の場合はお体の水分の流れが悪い傾向にあり、むくみや冷えなどのお悩みを持たれている方も多く特に女性に悩んでいる人が多いように思われます。

解剖学的にも 女性の場合は妊娠・出産の為、男性よりも骨盤が広く、腸が骨盤内に落ち込んで、たるみやすいため、便が大腸に滞留する時間が長くなります。

 

生活背景を見ても便意などを我慢されている方も多いです。

便意を我慢している間に腸では水分を体に吸収する為、便の中の水分も減ってしまいます。

筋肉量を見ても女性のほうが腹筋や横隔膜の筋力が弱いために便を排出する力が弱いことも影響している可能性があります。

下痢型

下痢型の場合は、湿気や夜明け前の冷えなどで身体が冷えやすい傾向や、お風呂上りに髪の毛を乾かさない方も冷えにつながります。

また便の色によっても少し内容が異なり

  • 泥状便で排出後さっぱりしないものは肝臓の不調。
  • 薄い柔らかい便では脾臓の不調
  • ドロドロの黄色い便などでは、大腸の不調

などの複数の臓器の不調が考えられます。

 

この場合、身体の内面からの調整が必要になるので、腸以外の内臓の一緒に整えてあげる必要があるかもしれません。 同時に器になる骨盤も同時に整える事でさらに安定しやすくなります。

交代型

交代型の場合は、内臓の疲労と合わせて自律神経のバランスなども視野においておかなければなりません。過去に過敏性腸症候群の方の整体をさせて頂いた際に、5歳の頃にお手洗いを失敗した経験があり、その後過敏性になったとの事でした。

 

ご本人様も忘れていたのですが話を掘り下げていくと、あ!と思い出されたみたいでそこからストレスの調節を行い少しずつ腸の調子が良くなっていった事もあります。

 

発生学では腸は脳よりも先に出来る臓器とも言われており、考える臓器とも呼ばれています。

近年では頭で考える事が多すぎまた、それを消化できていない方が大勢いらっしゃいます。

脳の疲労を腸が請け負ってくれている、そう考えて見ても良いかもしれません。

 

ではどの様にして過敏性腸症候群を解消して行けば良いのでしょうか?

症状を引き起こす3つの原因

自律神経の乱れ

自律神経は内臓の働きや代謝、体温、血液、ホルモンなど自分の意識とは無関係に24時間コントロールしている神経です。

昼間や活動している時は交感神経が有意に働き、夜間やリラックスしている時に活動するのが副交感神経です。

 

この2種類の作用により、心や体の調子は変化します。

 

自律神経が乱れる原因としては、「生活週間・ストレス・トラウマ・インナーチャイルド・薬害・重金属・アレルゲン」など原因は多岐に渡りそれがきっかけとなり乱れてしまいます。

 

内臓疲労

内臓は体に必要なものを吸収し、不必要なものは汗、尿、便などで排出を行いますが、内臓が疲労してしまう事で不必要なものや毒素が体の中に蓄積してしまいます。

また、内臓は疲労すると下垂してしまい、それに合わせ体はバランスを取る為に姿勢が歪んでしまいます。

体液循環不良

大人の体の約60%は水分で構成されています。

これを医学用語で体液と呼びます。

体液は(血液・リンパ液・脳脊髄液)などがあります。

 

当院の考えは体液の質=体質と考えており、自律神経や内蔵が疲労した状態だと体液の質や循環が低下してしまい結果

長年の不調やトラブルを引き起こしてしまします。

病院やよくある整骨院・整体院での一般的な対処法

  • 痛みの部分へのマッサージやストレッチ
  • 電気治療や牽引
  • とりあえず、お薬や湿布の処方
  • 問題が何かを伝えず整体を行う
  • しっかり話を聞いてくれない

というものがあります。

ですが、なかなか改善していないのが実情です。

では、どうしてあなたの症状は改善しないのでしょうか?

当院が行う症状に対しての整体

その1、症状の出た原因を考える

当院では症状=体からのメッセージとして考えています。

大きく3つの問題から症状が出てくると考えています。

 

構造的問題(筋肉・骨・靭帯・歪み)

機能的問題(内臓機能・体液循環)

心理的問題(ストレス・トラウマ・環境因子)

 

など様々な問題からどこから症状が出てきているのかを考えていきます。

 

痛みをただ止めるのではなく、痛み、症状を出す「必要性を無くしていく」事が大切と考えています。

 

 

その2,ゆがみ・体液循環を整える

体液は(血液・リンパ液・脳脊髄液)などがあります。

当院では、体液の質=体質」と考えています。

また、体液は正常でも通り道に歪みなどがある事で正常に循環が出来ない場合がある為、体液循環と合わせて歪みを整えていきます。

 

その3,自律神経、内臓機能の向上

自律神経は、人が生きていく為の生理的な機能をコントロールしているものです。

(血圧・呼吸・内臓・ホルモンなど)

 

そして、内臓は日々体で必要栄養などの吸収、不必要な物の代謝・排毒、排毒を行っています。

 

長年続く症状などは、体が治る為のスイッチが入っていない場合がほとんどで、自律神経、内臓機能を向上させる事を目的としています。

 

卒業を目指す

当院の目標は「卒業」です。

自分自身で自分の体を維持できるようにしていく事で症状からの自立していく事を目的として

自宅でのケアなどをお伝えします。

1日10名様限定・完全予約制

当院では整体の質を低下させない様に1日10名様限定としています。

そして、1人1人の患者様のお時間を頂戴して整体を行っています。

その為、お体を整えていく上で完全予約制度となっています。

 

整体は全て院長が行います。

整体は全て院長が行います、毎回スタッフが変わるなどの心配はありません。

初めから最後まで責任を持ってお体を見させて頂きます。

プライベート空間で他の方と同席はありません。

当院では患者様との対話を大切に考えています。

その為、完全プライベート空間での整体となります。

※ご家族の同席は可能です。

人の幸せに欠かせないものは「元気と笑顔」

院長写真

私は、「女性の笑顔は家族の柱になる」と思っています。

その理由として、私の母親の存在が大きくあります。

 

私が20代の頃、とても元気だった母が病気になり、今までどこか他人事、TVの中の世界だと感じていた事が実際目の前に現れました。

その際、何も出来ない自分に憤りと不甲斐なさを感じました。

少しでも母にまた元気になってほしい思い、様々な医学書を読んでは母に整体を行いました。

母はそこから約5年幸せな人生を過ごし天国に旅立ちました。

 

その時、私は涙が止まりませんでした。

 

「もっとしてあげれる事はあったんじゃないか?」

「もっと良くする方法はあったんじゃないか?」

「本当にこれが正解だったのだろうか?」

 

と考えました。

 

そして、症状はただ意味も無く出るのではなく何かしらのメッセージを持って出てきたのはないかと思いました。

ただ痛み、症状を取るのでは無く、自律神経の乱れや内臓の不調でお悩みの方のお手伝いをして行きたいと思います。

あなたの症状を改善に導くため、当院はカウンセリングと検査で原因を特定し、お身体の状態に合った施術を提案をさせていただきます。

 

 

写真で見る当院までのアクセス

写真は左右にスライドできます

JR明石駅から徒歩10分

明石駅南口から、国道2号線を渡り「明石銀座」方面に歩きます。

明石銀座を通り抜け

明石銀座の最後の角を左に

曲がり角に本家きむらやさんがあります。

観光通りを直進

観光通りの最後のカーブにさしかかるビルの1階になります。(約4分程度)

明石市役所北庁舎を通り過ぎ2分

ビルの一階になります

38ヤングビルの一階になります。

神戸方面からお越しの方

写真は左右にスライドできます

神戸方面から明石に

国道2号線を明石方面に走行し、桜町東の交差点を左折(銀行側)右にすき屋さん

信号を1つ越し,直進

曲がり角に38ヤングビルがあります。

38ヤングビルの一階になります。

住所:〒673-0882

兵庫県明石市相生町2丁目6−5 38ヤングビル

 

 

最寄駅

人丸前駅から8分(420m)

山陽明石駅から10分(590m)

明石駅から10分(610m)

明石保健センター前バス停から1分(150m)

■ ホームページ限定特典

\今だけ!/ 通常初回価格 8,000円(税込み)
3,500(税込み)(毎月5名)

ご予約の際に『ホームページを見た』とお伝えください。

※ホームページ限定特典は予告なく終了する可能性があります
※価格は全て税込みで表記しております

 

整体メニューについてはこちらから

整体中お電話を取れない場合があります、その際折り返しお電話させて頂きます。

どのくらい通えばよくなりますか?

当院ではカウンセリング・検査を行い患者様に通院頻度を提示しています。

おおよその目安としては、1ヶ月〜症状が重症な方ですと3ヶ月〜4ヶ月を目安にして頂いております。

回数で言えば、6回〜12回程度です

整体など初めてなので、色々心配です。

当院では整体が初めての方も来院されます、初めては何かと心配ですよね。

そんな場合LINE@で質問や不安を記入頂ければお答えさせていただきますので何でもご相談ください。

 

今までどこに行っても変化なかったんですが

心配になりますよね。

症状=悪いものではなく、体からのメッセージを一緒に考えていきましょう!

その他のご質問はこちらをクリックしてください。

過敏性腸症候群に関する関連記事

整体院かぐら