爪が割れやすい、もろい、その原因は自律神経の乱れ?

こんにちは、神戸市・明石市の整体、整体院かぐらです。

今日は爪が割れやすい、もろい、その原因は自律神経の乱れ?と言う話です。

今、自律神経失調症にお悩みの方や、胃腸の不調、パニック障害、不安症にお悩みの方はぜひ3分程度で読めるのでご覧くださいね。

 

自律神経失調症に関して詳しくはこちらもご参考ください。

 

今日の内容

  • 爪が割れやすい、もろい、その原因は自律神経の乱れ?
  • 自宅で出来る解消法
  • まとめ

になります。

では本題に入ります。

爪が割れやすい、もろい、その原因は自律神経の乱れ?

爪が割れやすい、縦線が入っているなどの症状は東洋医学で言うと「肝」と関係性が深いと言われています。

 

肝の働きはエネルギー(気)や血の流れをコントロールすると言われており、自律神経の乱れや栄養摂取不良、ストレスや栄養の偏りなどで肝が弱る事で爪に影響が出ると考えられています。

 

ここで大まかに爪による体の状態を説明していきます。

爪が割れやすい原因

  1. 血行不良
  2. 栄養不足や栄養の吸収率の低下によるもの
  3. 爪の乾燥

 

爪に縦線が目立つ原因

  1. ストレスなどによる自律神経の乱れ
  2. 過労などによる肉体的・精神的疲労
  3. 加齢によるもの

 

爪が反り返る原因

  1. 鉄欠乏性貧血などの影響

 

爪に横線が入る原因

  1. 栄養不足・栄養摂取率の低下
  2. 睡眠不足

 

爪の色が悪い原因

  1. 血行不良や冷え
  2. 重心が安定していない

 

などが挙げられます。

東洋医学視点から見るとエネルギーの循環が低下する事や西洋医学視点では自律神経や栄養摂取を行う臓器の機能低下などが爪に影響を与えている可能性があります。

 

爪は本来体の皮膚が硬化したものが爪になる為、爪の状態は全身のバランスを見る1つの指標となります。

では、自宅ではどの様な事に気をつければ良いのでしょうか?

自宅での爪ケア

まずは自分の爪の症状がどのタイプかを見てみましょう。

対策としては

 

爪が割れやすい原因

  1. お風呂につかる習慣をつける
  2. バランスの良い食事や偏りが無いか見てみる。

爪に縦線が目立つ原因

  1. 1日15分程度、趣味の時間やゆったりする時間を作ってみる
  2. 毎日5分程度運動をしてみる

爪が反り返る原因

  1. 生理など経血量が多いなどの場合、婦人科に相談やお腹を温める習慣を作る

爪に横線が入る原因

  1. 睡眠の質を意識して、寝る前などに軽くストレッチをしてみる

爪の色が悪い原因

  1. お風呂などで温める習慣を作る

などが良いかもしれません。

 

 

 

まとめ

爪は全身を写す鏡の1つです、まずは簡単に出来る所から行って見ましょう。

また、長年爪の症状にお悩みの場合、自律神経の乱れ、内蔵の機能低下なども視野に入れた対策も必要の場合があります。

 

一人じゃなかなか出来ない、などの場合は一緒に考えていきましょう。その際はぜひご相談下さいね。

自律神経失調症について詳しくはこちら

自律神経失調症

この記事に関する関連記事