ドライマウスの原因は◯◯?口の乾燥を防ぐ3つのポイントとは?

こんにちは、神戸市・明石市の整体、整体院かぐら松尾です。

喉は乾いてないけど口がなんだか乾燥する、口臭が気になる、喉が乾いてないけど水ばかり飲んでしまう。

そんなあなた、もしかしてドライマウスかも知れませんよ。

今日は、ドライマウスの原因は◯◯?口の乾燥を防ぐ3つのポイントとは?についてお話していきます。

ドライマウスの原因とは?

ドライマウスとは、病気やお薬の副作用、ストレスなどの影響でお口の中が乾いてしまう症状を指します。

主な症状として

  1. 口の中が張り付く感じがする
  2. 唾液が減少する
  3. 乾燥した物が食べづらい
  4. 口臭が気になる
  5. 口角炎・口内炎が出来やすい
  6. 舌が痺れる感じがする
  7. 虫歯が増える

などがあります。

冒頭でもお伝えした様にドライマウスの原因となるものは大きく6つあります。

  1. お薬の副作用
  2. 精神的ストレス
  3. シェーグレン症候群などの合併症
  4. 糖尿病
  5. 鉄欠乏性貧血
  6. 癌治療などでの放射線治療

などがあります。

しかし、年齢とともに唾液の量が減少する方も多く、別にさっきの6つの原因心当たりないけど?

と思われる方もいると思います。

ドライマウスはどこに相談すれば良いの?

ドライマウスは多くの場合、歯科・内科・口腔外科・などで相談される方も多いと思われますが、中にはお薬を飲みたくない、病院に相談する程でも無いけど、、と思われる方もいるのでは無いでしょうか?

 

しかし、お口が乾く事の影響は多く、口臭・虫歯・歯周病・免疫力低下・消化不良なども起こる事が考えられるので、早い目の対応も良いかと思われます。

 

まずは自宅で出来るケアをお伝えします。

  • よく噛んで食事をする
  • 首周りのマッサージを行う
  • 1日5分リラックスタイムを作る

などが良いかと思われます。

1.よく噛む事で、唾液を分泌する耳下腺・顎下腺・舌下腺などに刺激が入り唾液の出がよくなる事が期待出来ます。

1口30回を目標に行いましょう。

 

2.首周りのマッサージも同様、3つの腺に刺激が入りやすくなるので、入浴しながら、もしくは入浴後にクリームなどを使いやってみましょう。

3.先ほど、3つの腺から唾液が出るとお伝えしましたが、腺に指令を出すのは自律神経になります。

自律神経が乱れている事でせっかくのケアの効果が半減しない様に、毎日5分でも良いのでほっこり習慣を作りましょう。

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

ストレス社会と言われる現代、ドライマウスにお悩みの方は多いのかも知れません。

お薬に関しては自分の判断で止めず、必ず医師に相談をしましょう。

また、自律神経が乱れる事でもこの症状が起こるので、最近なんだがお口が、、なんて方は

いつでもご相談くださいね。

起立性調節障害(OD)について詳しくはこちら

起立性調節障害(OD)

この記事に関する関連記事