朝にやっては行けない生活習慣とは?

こんにちは、神戸市・明石市の整体、整体院かぐら松尾です。

あなたはモーニングルーティーンと言う言葉を聞いた事はありますか?

ルーティーンとは習慣的、定期的などと言う意味で、直訳すると朝の習慣などになります。

 

毎朝の習慣が決まっていた方が、何かと動きやすかったり、体のスイッチが入りやすい方もいらっしゃると思います。

しかし、もしあなたのルーティーンが悪い習慣だったら?

今日は自分の習慣を見直すきっかけになれば幸いです。

今日の内容

  • やりたい習慣、辞めたい習慣
  • まとめ

になります。

では、本題です。

 

やりたい習慣、辞めたい習慣

やりたい習慣、辞めたい習慣

 

 

 

1,前日に必要な物、服装を先に選んでおく

人は1日に何千もの選択をしていると言われ、重要な選択から軽い選択まで様々ですが、朝一番から

あれこれ、これがいる、あれはいらなかったなどの細かい選択の回数を増やす事で大切な選択の際に思考が低下する場合があります。

故スティーブ・ジョブズなども毎日の服・靴が決まっており、朝の選択数を減らす取組をしていた事も有名です。

 

2,朝ごはんは最低でも起きて1〜2時間後に食べる

朝は内蔵が起きるまでに時間がかかります、よく朝一番は食欲が無いと聞きますが実は普通の事の場合もあります。少し間隔をあけて食べるだけでも内蔵には負担がかからないと考えられます。

 

3,カーテンを必ず明け、太陽にあたる

 

朝は日光にあたる事で、体内時計をリセットする働きがあります、夜寝れないなどの方は朝にしっかり日光を浴びる事がおすすめです。

 

4,朝の洗顔は必要以上に行わない

朝は1日に必要な油分などが出ている為、過度に洗顔を行うと必要な油分などが減ってしまう為、なるべく軽い洗顔がおすすめです。日中の顔の油が酷いなどの場合朝に油分を取り過ぎている可能性もあります。

 

5,朝の起きる時間を平日・休日に関わらずある程度決めておく

休みの日はついつい起きる時間が遅くなりますが、睡眠のバランスを考えると、同じもしくは前後2時間以内には起き、少し昼寝などで対応してみましょう。昼寝の理想は15分以内がおすすめです。

 

6,白湯をまずは飲んでみる

1日の始まりに水を飲む事はとても良い事ですが、内蔵の事を考えると冷たいものを朝一番に飲むと少し内蔵が冷える可能性もあるので、内蔵を起こすにはお白湯がおすすめです。

 

7,二度寝をしない

朝は骨盤が閉まり目を覚ますのですが、二度寝などを行うと骨盤がしっかり閉まらず返ってだるさなどが出る可能性もあるので、頑張って一度でおきましょう。

どうしても眠たい!などの場合、布団から出てソファーなどで軽くお休み頂くのも良いかと思います。

 

8,テレビなどを見ながら食事をしない

何事もながら、はよく無いです、よくに物を噛む時にテレビを見ながらなど食べてしまう事で、顎関節の歪みや姿勢の歪みに繋がる場合があるので注意です。

 

 

 

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

あ、これ私してる!これダメなの?などあるかと思いますが、1つの考え方として受け取って頂ければ幸いです。

世の中に絶対が無いからこそ人は色々考えれるのだと思います。

人には無限の可能性。

 

 

整体院かぐら松尾

不眠・睡眠障害について詳しくはこちら

不眠・睡眠障害

この記事に関する関連記事