神戸市・明石市で起立性調節障害にお悩みの方へ、足冷えていませんか?

こんには、神戸市・明石市の整体、整体院かぐら松尾です。

あなたはこんなお悩みありませんか?

  1. 朝全く起きれない
  2. 夜になると元気になる
  3. 甘いものがやめれない
  4. 心療内科に行っているが変化がない
  5. もうどこかに消えてしまいたい

 

そんなお悩みがある方はぜひこのまま読んで下さいね。

今日は、起立性調節障害にお悩みの方へ、頭痛出ていませんか?という話です。

今日の内容

  • 起立性調節障害と足の関係とは?
  • まとめ

になります。

では、本題に入ります。

起立性調節障害と足の関係とは?

人は本来頭寒足熱が理想とされており、頭が冷え、足が暖かい状態の事を指します。

しかし、起立性調節障害や自律神経の乱れが起こる事で、脳に流れる血流量が増大し、また脳を保護している頭蓋骨の動きも悪くなる為自然と頭に熱が篭りやすくなってしまいます。

 

人の血液が流れる場所には優先順位があり

  1. 内蔵
  2. 手足

の順番に流れていきます。

長年冷え性に悩まれる方などももしかしたら脳や内蔵に血液を配給量が増えている可能性があります。

自宅で出来る、起立性調節障害の解消法

  1. 足を温め頭に籠もった熱を下ろす
  2. お腹などを湯たんぽやカイロで温める
  3. 脳をリラックスさせる時間特に適度な運動を日常に入れてあげる

などが良いかと思います。

まとめ

様々な症状には必ず体からのメッセージが隠されています。

今、起立性調節障害でお悩みの方は少し自分自身の中にある体からのメッセージを聞いてみましょうね。

なかなか分からない、そんな時は一緒に探してみませんか?

 

その際はご相談してくださいね。

起立性調節障害(OD)について詳しくはこちら

起立性調節障害(OD)

この記事に関する関連記事