明石・神戸市でEDにお悩みの方、なりやすい生活習慣と◯◯をすると逆効果?

こんにちは、神戸市・明石市の整体、整体院かぐらです。

今日は、EDにお悩みの方、なりやすい生活習慣と◯◯をすると逆効果?

と言う話です。

人には相談出来ないし、病院に行くのも少し勇気がいるし、、と思われている方も多くいらっしゃると思います。

2分程度で読めるので是非ご覧下さいね。

EDとは?

ED(勃起不全)とは満足な性行為を行うのに十分な勃起が得られないか、または維持出来ない状態が持続または再発をする事とされています。

ポイントとなるのは「満足な性行為」が行える時間やタイミング中に勃起しているかどうか?

 

  1. 勃起するが維持出来ない
  2. 勃起する時としない時がある
  3. 性欲はあるが勃起しない
  4. 勃起するが十分に硬くならない

などがポイントの1つに挙げられます。

 

なりやすい生活習慣とは?

EDは実は身近な症状の1つで1998年のアンケートでは日本人男性の40代の5人に1人は勃起しずらさに悩んでいる、悩んだ経験があると報告があります。

では、なりやすい生活習慣とは?一体なんなんでしょうか?

  1. 過度な飲酒や喫煙
  2. 仕事などのストレス
  3. 奥様からの子ども欲しいなどのプレッシャー
  4. 過去の性行為によるトラウマなどの体験
  5. 筋力不足
  6. 自愛行為や玩具を使用する際に力を入れすぎる

などが関係してくると言われています。

また、勃起はペニスに血流が流れ込みその影響で勃起をさせています。血流などは自律神経により調節が行われている為、生活習慣の中の食生活の問題もそうですがストレスなどのメンタル面のケアも必要となって来ます。

 

また、人が生きていく上で一番初めに活動が低下すると言われているのが生殖器になります、理由とすれば「今生きる事にエネルギーを使っている分、子孫繁栄の機能は後回しになる事が多くあります」ちょうどアスリートの女性の生理が止まってしまうなども同じ現象と考えています。

 

その他にも血流の流れる順番があります。

血液の優先順位

血液の優先順位は

 

  1. 内蔵
  2. 手足

などの順番です。

EDなどの場合はやはり脳に対して血流が過度に流れてしまう、他の内蔵に血液が多く流れているなどもある為、EDなどは血流循環を安定させていく事も大切かもしれません。

自宅でのケア方法◯◯をすると逆効果?

今回自宅でも出来るケアをお伝えします。

  1. 過度な飲酒や喫煙をしてしまう原因を考えてみる
  2. 仕事などのストレスがある時は1日5分程度からストレス発散方法を考えてみる。
  3. 性行為の際に「頑張れ自分」を辞めてみる。
  4. 運動や筋トレを行う

 

が良いかもしれません。

 

その1

嗜好品は適度に楽しむ物であり、最近ストレスが多くタバコをよく吸っている、毎日お酒が日課になっているなどの場合、生活の癖として吸ったり飲んだりしているなら少しなんでこんなに吸ってるんだろう?飲みすぎかな?と振り返る機会を作ってみても良いかもしれませんね。

 

 

その2

ストレスが過度にかかる事で自律神経の乱れに繋がる場合があります、毎日5分で良いので脳内リフレッシュ習慣を探して見ましょう。

読書や音楽、座禅など今自分が興味ある事ややって見たい事にチャレンジする事も良いかと思われます。

 

 

その3

今日こそは!と自分自身を奮い立たせる行為などは実は逆効果になる場合があります。

その理由とすれば奮い立たせる行動は言い換えれば自分自身をさらに追い込むのと同じです、仮に今日は!と思い性行為を行って思う結果が出なかった場合

自分なんて、もう無理なのかな?とさらに自分自身を追い込む悪循環にも繋がるのでおすすめではありません。

今日は大丈夫かな?そんな不安が過ぎる時は、「ボチボチやろか〜」と声に出して言って見ましょう、自分自身を追い込むのでは無く、今頑張っている自分自身をまずは認めてあげましょう。

 

その4

適度な運動は軽くジョギングを10分程度でも行う事で筋肉や骨にも刺激が入り、またストレス解消にもなるのでおすすめです。

 

一度まずは自分自身の生活を振り返るきっかけになれば幸いです。

最後までお読み頂きありがとうございました。

 

 

ED(勃起不全)について詳しくはこちら

ED(勃起不全)

この記事に関する関連記事