頭痛に悩まれる方へ、頭痛の原因は甘いもの?

こんにちは、神戸市・明石市の整体、整体院かぐら松尾です。

「甘いものの取りすぎは良くない」一度は聞かれた事もあるとは思いますが、でも実際何が悪いの?

そんな疑問も多いと思います。

今日は頭痛の原因は甘いもの?と言うお話です。

 

3分程度で読めるので是非一度ご覧くださいね。

頭痛の原因は甘いもの?

現代社会において、アイスを食べた事が無い、ジュースを飲んだ事が無い人の方が珍しくなって来ています、しかしほんの100年前と比較すると

  1. 1900年代約5kg
  2. 1940年代12kg
  3. 1973年代29kg (最大、石油ショック頃)
  4. 2011年代18kg

近年では砂糖は18kgで横ばいとも言われていますが、近年では欧米の食文化の影響が強く最近の日本人の体型を見ても足が長く顔が小さい子どもが増えて来ています。

容姿などからすれば良い事ばかりですが、その背景に永久歯の無い子どもやアレルギーの人も昔に比べ4人に1人とクラスに1人はいる世の中になってきました。

この背景にやはり食文化の変化があります。

砂糖の特徴

砂糖の特徴として。

  • 吸収率がよい
  • 依存性が高い
  • 血液などがドロドロになりやすい

大きき分けてこの3つがあります。

特に頭痛に関係が深いのは、血液がドロドロになるという事です。

血液の質が悪くなると、もちろん血液を浄化してくれる部分に負担がかかる様になります。

その浄化してくれる部分が肝臓になります。

一般的に肝臓=アルコールのイメージを持たれる方もいると思いますが、肝臓の働きとすれば、約500種類あるとも言われ肝臓が疲労してしまうと体に取っては一大事という事です。

汚れた血液が循環する事で血管や脳には負担をかけてしまいます。

長年頭痛のお困りの方は、血液の質の低下や肝臓疲労が隠されている可能性があります。

自宅で出来る簡単3つの改善策とは?

  1. 酸味のある食べ物を食べる
  2. 砂糖消化の為に豚肉などを取ってみる。
  3. 白砂糖を黒糖、メイプルシロップなどで代用してみる

などが望ましいです。

東洋医学では、肝を補う食べ物として、酸味などが望ましいとされています、また豚肉にはビタミンB1が多くあり、砂糖疲労をサポートしてくれます。

白砂糖を0にする事はなかなか難しい時代です、毎日とは言わずたまに砂糖の代用品を使って見てくださいね。

 

また、長年頭痛にお困りの方はいつでもご連絡くださいね。

いつでもお待ちしております。

 

■ ホームページ限定特典

\今だけ!/ 通常初回価格 8,000円(税込み)
3,500(税込み)(毎月5名)

ご予約の際に『ホームページを見た』とお伝えください。

※ホームページ限定特典は予告なく終了する可能性があります
※価格は全て税込みで表記しております

整体中お電話を取れない場合があります、その際折り返しお電話させて頂きます。

頭痛について詳しくはこちら

頭痛

この記事に関する関連記事