パニック障害・不安症にお悩みの方、自宅でのケア方法

こんにちは、神戸市・明石市の整体、整体院かぐら松尾です。

今日は、パニック障害・不安症にお悩みの方、自宅でのケア方法についてお話していきます。

 

パニック障害について詳しくはこちら。

合わせて読みたい、外に出るのがつらいパニックの方

不安は胃にくる?

内蔵と筋肉は連動して動きます。

例を出すと、大腸と関係が深いのは足の筋肉という感じで全て体は連動して動きます。

また、各臓器と対応するメンタルというものも存在し、不安・恐れなどは胃に反応が出ると言われています。

 

パニック障害に悩むあなた、胃の調子悪くないですか?

また、そんなに胃に不調は感じないよ!と言われる方もいるとは思います、先ほどの内蔵と筋肉の関係でお話すると、胃と関係が深いのは首周辺の筋肉です。

昔から借金で首が回らないなどと言う言葉もあるように、不安・恐れなどの感情が常にあると、首が凝りやすかったり、逆に首の筋肉が弱化する事で猫背がよりひどくなる場合もあります。

 

つまり、胃は食べ物の消化もしますが、気持ちの消化にも関係があると言う事です。

そして、胃に負担をかける食べ物として代表的なものが甘いものです。

 

 

 

自宅でのケア方法

今日お伝えするのは画像のちょうどネクタイの様になっている胸骨体の部分をマッサージすると言う方法です。

先ほど、気持ちの消化不良でも胃に負担が来るとお伝えしましたが、気持ちのモヤモヤなどがあるとこの胸骨部分にヌメリ感が出てきます。

お風呂などで一度他の皮膚と質感・温度などに違いがあるか見てみましょう。

少し、あれ?と思う場合は優しくその部分を手で温める、もしくは軽くマッサージしてみましょう。

 

そして、胸骨体にはだんちゅうと言うツボもあります。

だんちゅうのツボは左右の乳首を結んだ真ん中にあります。そのツボも少しドキドキする、不安でしょうがないと思う時優しく押してみて下さいね。

 

当院では、パニック障害、自律神経失調症の整体も行っています。

一人じゃ不安、どうしたら良いの?などのご相談はいつでもご連絡下さいね。

パニック障害・不安症について詳しくはこちら

パニック障害・不安症

この記事に関する関連記事