自律神経失調症にお悩みの方へ、優柔不断の意味、自宅で出来る簡単なツボ

こんにちは、神戸市・明石市の整体、整体院かぐら松尾です。

今日は自律神経失調症に対してのツボ、優柔不断など無い?ついて紹介させて頂きます。

今、自律神経失調症、パニック障害、双極性障害などにお悩みのはぜひこのまま読んで下さいね。

 

自律神経失調症について詳しくはこちらをクリックして下さい。

本日の内容

  • 優柔不断など無い
  • 自宅で出来る簡単なツボ
  • まとめ

では本題に入ります。

優柔不断など無い?

あなたは、優柔不断だと言われた事はありますか?

私はあります。

どちらも捨て難い物や、予定、など迷う事はこの時代多いのかも知れません。

しかし、優柔不断。この言葉に縛られていませんか?

 

なかなか判断を付けれない、決める事が苦手、自分の意見に自信が無いなど様々な感情がありますが、これって本当に悪い事なんでしょうか?

私はそうは思いません。

もし、今優柔不断な自分に悩まれているのであれば、もしかしたら先の事(未来)を考え過ぎているのかも知れません。

誰だって先の事など分かりませんし、年上の方の助言や親の話に耳を貸したくなりますよね。

でも、忘れないで下さい。

最後に決めるのは自分自身だという事を。

 

これは、人の意見を聞かない方が良い、自分だけで考えないと行けないと言っているのではなく、自分の選択に自分自身が納得出来るか、またその選択肢を増やす事も減らす事も出来るのはあなただけです。

 

例を出すと、自分がお腹減っていて、親がパンを食べていてもあなたはお腹が満たされますか?

または、親がパンを出して来ても、あなたが食べないと自分自身のお腹は満たされませんよね?

 

優柔不断は逆を言えば選択肢が無限にある事に気づかせてくれるチャンスだと私は思います。

 

自分で選択して、結果良いも悪いもあなたにとっては全て経験になります。

でも、そうは言っても、、と悩む時1つツボを押してみて下さい。

自宅で出来る簡単なツボ

今日お伝えするのは、だんちゅう、(膻中)というツボです。

だんちゅうは、心を落ち着かせたい時、体の力が抜けない時、ドキドキする時などに使用します。

ツボの場所は、乳首を結んだ線の中央にあります。

画像の丁度ネクタイの様な骨の真ん中です。

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

優柔不断に悩まされる人、また自分自身は優柔不断と思い込んでいる人など様々だと思いますが、

優柔不断=無限の可能性に気づくチャンス、少しそう思う様になっても今見えている景色がまた変わるかも知れませんね。

 

自律神経の乱れにお悩みの方は一度ご連絡下さいね。

自律神経失調症について詳しくはこちら

自律神経失調症

この記事に関する関連記事