外に出るのが怖い!そんなパニック障害でお悩みの方へ

こんにちは、神戸市・明石市の整体、整体院かぐら松尾です。

今日は、外に出るのが怖い!そんなパニック障害でお悩みの方へ、こんな考え方もありますよ〜というお話です。

少し目に止まったのでしたら今がそのタイミングかも知れませんので少しお付き合い頂ければ幸いです。

 

僕のお父さんは桃太郎って人にやられたんだ。

僕のお父さんは桃太郎って人にやられたんだ。この言葉は誰の目線だと思われますか?

そうです、鬼の子どもから見た目線です。

詳しくは分かりませんが、鬼の職業は何でしょうか?

  1. 人から宝物をもらってくる
  2. 人をやっつける
  3. 女の人をさらってくる

仮にこれが職業だとすれば、めちゃくちゃしっかりと仕事してますよね。

鬼の業界からみるとすごい良きパパだったかも知れません。

ここでは、この行為が良い悪いでは無く、視点が変われば物事は変わるという事です。

誰かの正義は誰かの悪、誰かの楽しみは誰かの悲しみにもなるという事かも知れません。

 

でも、そんなの分かる訳ないよ、そんな事まで考えていたら何も出来ないじゃ無いか、そんな声も聞こえてくるかも知れませんが。

 

大切な事は自分自身が今どう物事を見ているか?

ここをもう一度振り返る必要があるのかも知れないという事です。

 

今抱いている感情の裏側には何があるのか?またはその感情や行動を一方向から見過ぎていないか?

そこを少し考えるだけでも今見ている景色の意味や方向が変わるかも知れません。

もちろん、絶対変えないと行けないという事では無く、その意味を考える事が私は重要だと思います。

 

よく分からない文章だったかも知れませんが、少し参考になれば幸いです。

最後までお読み頂きありがとうございました。

 

パニック障害・不安症について詳しくはこちら

パニック障害・不安症

この記事に関する関連記事