神戸市明石市で今、不安症・パニック障害に悩む方へ、自分自身を考える。

今日は、神戸市・明石市の整体、整体院かぐらです。

突然ですが、あなたは自分自身を考える時間は1日のうちどのくらいありますか?

 

突然、こんな事を質問されても困りますよね、でも一度振り返って見てください。

今日はそんな自分自身を振り返る内容になります。

 

自分自身とは?

先ほどの質問、自分自身を考える時間を今の時代は少なくなっている印象があります。

その理由としては、家事・仕事・趣味など人それぞれだと思います。

 

今、趣味や何かに没頭できる事がある方はもしかしたら自分自身を自然と振り返る事をやられているかもしれません。

私は今これが好きなんだなー、や最近はこれをやっている時間がすごく好き、など自分自身の好きな事に没頭できる時間というものはかけがえのない時間となります。

しかし、今、「やらないと行けない、あまりやる気が無いけどしないと終わらない、取り敢えずやっている」など毎日の中でその様に時間を過ごされている事がある方は、一度立ち止まり自分自身を振り返る事ももしかしたら大切かもしれません。

 

もちろん、仕事や家事・育児中などでその様に思う事もあるかと思いますが、では、何故?その様に思うのか?

ここを自分自身に質問する事で、自分の可能性が開花する場合があります。

当たり前=当たり前では無い?

自分自身の当たり前は本当に当たり前でしょうか?

答えはNO。です。

理由とすれば、今の時代は在宅ワークやリモートでの会議が少しずつ社会に浸透しつつあります。

しかし、ほんの10年前にその様な事を行っていた人はわずかだったかもしれません。

また、携帯電話がこれだけ浸透すると思っていた方は20年前に果たしてどのくらい、いるのでしょうか?

 

この様に、自分自身の当たり前は別の人からすれば新しい事だったり、当たり前では無い事もこの世の中には数多くあるという事です。

もっと言うと、自分自身の当たり前は誰かによって植え付けられた思考の可能もあると言う事です。

 

 

昔のスポーツでも、水はダメだと言われていましたが今では絶対に必要!と言われ、考え方はその時代、国によって移り変わるものです。

 

では、自分自身を考える中でどうすれば良いのでしょうか?

日々の常識、考え方を疑ってみる

日々の常識、自分自身の考え方を疑う事が、自分自身の固定概念を壊す第一歩となります。

その中で大切にしたい思いはそのままでも良いですし、別の思いが出ればそれをまた考える事も大切です。

大切なのは、自分は今どの様に◯◯を考えているか、◯◯をどう捉えているのか?

 

まずはそこを振り返って見てください。

 

 

◯×ではなく、時に△という事もある。

  1. 男女
  2. 左右
  3. 上下
  4. 善悪
  5. 陰陽

など、この世界では二極化で考える思考が当たり前の様に存在します。

しかし、二極化で物事を判断する事も必要な場合もあれば、不必要な場合があります。

物事を考える時一度◯×ではなく、時に△という事もある事を振り返って見るのも良いかも知れません。

 

 

 

 

最後までお読み頂きありがとうございます。

今までの自分の価値観を壊す事は少し怖い事だったり勇気がいるのかもしれません。

しかし、その壊れた先にある無限の可能性を忘れない様に、まずは少し自分自身を考える事をやって見てくださいね。

 

 

 

パニック障害・不安症について詳しくはこちら

パニック障害・不安症

この記事に関する関連記事