今、うつ病で悩まれている方へ。

こんにちは、神戸市・明石市の整体、整体院かぐら松尾です。

うつ病で悩まれている方へという内容です。

2分程度で読めるので、今、うつ病、パニック障害、双極性障害などの悩みがある方はぜひこのまま読んで下さいね。

最後に自宅で出来るストレス解消法もお伝えします。

本日の内容

  • うつの原因とは?
  • 呼吸とうつ病の関係性
  • 自宅で出来るストレス解消法

では、本題です。

うつの原因とは?

 

うつ病は主にストレスが原因で起こると言われています。

しかし、ストレスと言っても物凄く抽象的な表現ですよね。

では、ストレスとはどの様な種類があるのでしょうか?

それを知る、また自分は今、どんな事に悩んでいるのか無自覚を自覚する事も大切かもしれません。

また、記事を読むにあたり、しんどいな〜と感じる時はいつでもこのページを閉じて下さいね。

 

ストレスの種類

  • 肉体的(暴飲暴食・過労・睡眠不足・喫煙・アルコール)など
  • 精神的(学校・仕事・人間関係・家庭環境・思考・未来・過去・感情の抑圧)など
  • 環境的(電磁波・放射能・食品添加物・砂糖・残留農薬・化学物質・薬害)など

呼吸とうつ病の関係性

上記のストレスの種類によりもちろん、お体を整える方法なども変わます。

なので、うつ病=◯◯の治療法と言うのは少し違うのかとも私は思うのです。

しかし、そのストレスにおいても共通するのが「呼吸が浅くなる」と言う事です。

 

肉体と精神は表裏の関係です、どちらかが力を失うとその裏、表の部分に負担として現れます。

逆を言うと、整体は整える体と言う意味でもある為、お体を通して、肉体はもちろん、精神の在り方も整える事が可能と言うわけです。

 

一般的にうつ病などは、心が弱い人がなりやすいなど記事を見た事がありますが、そんな事はありません。

うつ病になる人は、誰よりも心が強く、またエネルギーが高い人です。

今この世の中で私、ストレス0です!そんな人に私は会った事がありません。

逆を言うと、ストレスとは、生きていく中で常に存在すると言う事です。

そのストレスが人を成長させたり、またキヅキを与えてくれる存在なのかもしれません。

 

私はストレスが悪いとは思わず、そのストレスを溜め込み過ぎる体に問題があるのかとも思います。

先ほども、うつになりやすい人の特徴として、エネルギーが高い人と伝えましたが、エネルギーが高いからこそその出し方、ストレスの捉え方が大切かと感じます。

 

では、ストレスを出せる体作りはどうすれば良いのでしょうか?

 

自宅で出来るストレス解消法

  • 毎日ちゃんと湯船につかる
  • 自宅でアロマキャンドル、雨の音のBGMを聞く
  • ノートに悩み事を書く、そして忘れる

などがおすすめです。

目的とすれば、

1日の疲れを流す目的でもありますが、毎日寝る三時間前に入浴をする事で睡眠の質も向上が期待出来ます。

アロマ、雨の音のなどはリラックス作用が強く、イライラする、疲れた時の心のお掃除になります。

ノートに書くのは、自分の無自覚を自覚する作業の1つです、今自分は何に悩んでいるのか?それを漠然と捉えるのではなく、絞る事もおすすめです、しかし、ノートに書いている際気分が優れないなどがあればいつでも辞めて下さいね。また、一度書いた内容は二度と見ないで下さい。

まとめ

いかがでしたか?

うつ病に悩まれる方は年々増えてきています。

しかし、うつ病の意味や、ストレスの在り方を少し視座を変えるともしかしたらあなたの成長の糧になるかもしれません。

 

頑張らなくて大丈夫、まずは1つやって見て下さいね。

 

自律神経失調症について詳しくはこちら

自律神経失調症

この記事に関する関連記事