神戸市・明石市でこの時期の胃腸の不調にお悩みの方へ原因の1つが冷えかもしれませんよ?

今日は、神戸市・明石市の整体整体院かぐら松尾です。

今、胃腸の不調でお悩みの方、原因の1つが冷えかもしれませんよ?について話していきます。

今の9月〜10月の時期は夏の処理が悪い場合や寒暖の差で体が冷える事で、胃酸過多になったり、また下痢になる方が多くいらっしゃいます。

今日はそんな胃腸の症状を解消する為に自宅で出来る事をお伝えしていきます。

 

まず、夏の処理について話していきます。

夏の汗が悪さをする?

夏は梅雨の影響で湿度や気温も高い為汗をよくかきます。

汗が出るのは問題ないのですが、問題なのは汗の処理です。

 

夏場など汗をかいたままクーラーなどにあたると本来出るはずだった汗が出なくなり体の中で停滞します。

この停滞した汗が自分自身の体に負担をかける場合があります、これを汗の内攻と言います。

字のごとく汗が内側を攻撃するという意味で、汗が内攻する事で夏場に体調不良いわゆる夏バテになる方、夏が終わり秋口に体調を崩す方、または腰痛や膝痛に繋がる方もいらっしゃいます。

 

今、夏場に汗をかいてクーラの下にそういえばよく居たな、秋口に体調が悪いなどの場合、しっかりと汗の処理が出来ていない可能性があるので、自宅でしっかりケアしてみましょう。

自宅で出来る汗の処理方法とは?

  1. お風呂に粗塩やバスソルトを入れてみる ※粗塩の場合、初めは少量4つかみ程度
  2. 根菜類を食べて体を温める
  3. 運動をして汗を出す
  4. 低温サウナ 38〜42度程度でじっくり出す

などが良いかもしれません。

注意点としては、汗を出した後は、しっかりタオルで拭く、着替える、夜風に当たらない様に心がけて下さい。

また、汗を出した後は、水分とミネラルなどの補給も忘れずに行って下さいね。

 

汗をしっかり出しても、胃腸の不調が続く場合は内蔵自体が弱ってきている可能性もある為、一度ご相談下さいね。

リーキーガット症候群について詳しくはこちら

リーキーガット症候群

この記事に関する関連記事