内蔵と心の関係

こんにちは、神戸市・明石市の整体、整体院かぐら松尾です。

今日は、内蔵と心の関係についてお話していきます。

肉体と精神

私たちの体は、肉体と精神が合わさり一つの人間が形成されています。

簡単に言うと、肉体は健全な精神に宿り、健全な精神は肉体に宿ると言われています。

 

こんな事を言うと少しオカルトじゃないの?と思われますが、少し患者さんの体験をお話していきます。

 

体と心の関係を教えてくれた患者さん

私も20代の頃は肉体と精神?そんな事あるわけがない、と完全否定をしていました。(笑)

そんな中、数年前、大阪で勤務している時に一人の患者さんが来られました。

その方は、過敏性腸症候群でお話を聞いて行くと、夫婦で毎日楽しく生活をしているが、最近になり胃腸の調子が悪くなっていきた、病院では過敏性腸症候群と診断をされ、大腸カメラやMRIを撮影しても特に異常がないと言われ、色々探され院に来院されました。

腸はため込む臓器?

院で整体を行いながら、数回通院をして頂きましたが症状はあまり変化が無く患者さん自体も少し「もうこのままかな」と、そう呟かれました。

 

何かあるはずだ、色々な本を調べた時にふと、心と内蔵の内容が目に止まりました。

腸は悩み事などを溜め込みやすい人が疲れやすい」そんな言葉を初めは疑いもありながら読み進めて行きました。

しかし、その日は確信的なものは分からず、またその患者さんが来院する日になりました。

そして、腸は悩み事などを溜め込みやすい人と言うキーワードが頭にあり、患者さんに質問してみました。

今、ご主人と生活されていて、お悩みなどはありますか?」そう聞くと、少し考えられて、「悩みでは無いけど、心配事ならある」そう言われました。

 

もし、差し支えなければお聞きしても良いですか?と聞くと、旦那が以前病気になったんだけど、今でもあまり生活習慣を変えないのが心配と。

 

それは、旦那様にお伝えしたんですか?と聞くと、「言っても聞いてくれないと思うし」と、ダメもとでも一度言ってみましょうと。

一週間後、患者さんが来院されると、なんだか腸の調子も良い感じ、旦那に言ったおかげかな?(笑)

と笑顔でした。

ここからは推測にもなりますが、心配だけど言えない、その感情が腸を過敏にした原因かも知れない、もちろんそれ以外でもお体の歪みや改善点はありましたが

結果的に、患者さんは笑顔で卒業して行かれました。

 

その方以外にもこの様なケースがあり、やはり肉体と精神はどちらも大切だと改めて気づかせてくれた体験でした。

最後に

今回は、私の体験談ですが、メンタル的な要因もあれば、体の歪みや内蔵の疲労からも症状が起こる場合があります。

絶対にこれ!と言う技術や本が無いからこそ、目の前の患者さんとの対話が大切だと感じます。

過敏性腸症候群について詳しくはこちら

過敏性腸症候群

この記事に関する関連記事